Essential Business

Essential Business

関本夕美子の自己紹介

関本夕美子です。コーチ、カウンセラー、セラピスト、コンサルタント、自宅サロン、物販など、260件以上、年商数百万円〜3000万円規模のマーケティングアドバイスをしてきました。群れること、女子会をやらない主婦起業コンサルタント。6年くらいやっています。穏やかに群馬県で暮らしている4児の母。

プロフィール

関本夕美子 Sekimoto Yumiko
1974年9月28日生 天秤座 A型 群馬県
主婦起業コンサルタント/4児の母

信念:人生を楽しむ!
スキル:マーケティング・問題解決・コピーライティング・ウェブ制作・コンテンツ制作・etc…

好きなこと:料理、ファッション、美術
趣味:テニス
好きな映画:マイインターン、ショーシャンクの空に
好きな女優:オードリー・ヘプバーン、アン・ハサウェイ
好きなタイプ:明るい人、正直な人、誠実な人

関本の仕事の価値観

まずは、私がビジネスをする上で大切にしている考え方がわかるように、価値観、マインドセットをお伝えしておきます。

  • 売り上げのためだけという自分の欲求を満たすためビジネスをするのではなく大切な人のためにする
  • 商品力がとにかく大事。集客や営業力よりはるかに大事
  • 「中小個人は大企業の真似をしてはいけない」は大嘘
  • 優良顧客の集客には世界観(ものの見方)が必須
  • 有名にならなくても稼げる。フォロワー数やアクセス数は必要ない
  • 利益額を増やすこと。労働時間を減らす。売上より利益
  • 価値観の合わない人、会社を顧客にしない。顧客は自分で選ぶ
  • エッセンシャル思考、原理原則思考
  • ビジネスは顧客を幸せにするためにある

世間によくいるインフルエンサーは、「アクセスアップするには?」「フォロワー数を増やす方法!」「最新の〇〇集客方法」「ブランディングせよ!」「差別化しろ!」「コピーライティング!」「好きなことをしよう!」と、声高に言っています。

ですが、私はこれらとほぼ反対の意見を持っています。

”ビジネスは顧客を幸せにするためにある”という原理原則が私のビジネスの根本にあります。

顧客は商品サービスを買っています。何かに困って解決策を買っています。ということは、商品価値が全てなのです。

商品価値が低いのに、集客をしても売れるわけがありません。それにも関わらず、世の中のビジネス本はほとんどが集客本と自己啓発本なのです。

ニーズがあるのに、提供されていない、顧客がほしい解決策、サービスを、どう企画して、作るのか?というのを考えるのがマーケティング。ビジネスの原理原則です。

間違いだらけのビジネス感覚が蔓延していますが、私はあくまで原理原則に則って淡々とビジネスをしていますし、クライアントにも同じように伝えています。

関本の仕事スタイル

コンサルタントとして独立した時から対面よりもSkypeやZoomでコンサルティングをしてきました。

クライアントは日本のみならず、韓国、マレーシア、ドイツ、南アフリカ、カナダ、フランス在住の方がいます。

子供がエネルギーの源

なぜ対面ではなく、Zoomを使ったスタイルになったかといえば4人の子供がいるからに他なりません。上から男、女、男、男。まだまだ育ち盛りの子供たちです。

数年前過労でドクターストップになるまでは、忙しく毎日動きまくっていたのですが自分が動けなくなって初めて家族の存在の大切さが身に染みました。

自分が疲れているせいで家族につらくあたったり、イライラしたくない、毎日怒っているお母さんでいたくない。

家族が笑顔でいるには、母親である私がまず笑顔でいること。やっぱり笑顔のお母さんでいたい、太陽のような存在でいたいと心から思うようになりました。

子供のため(せい)ではなく、自分の幸せを追求していった結果、時間もお金も社会も全てがWIN-WIN-WINになるスタイルを取るべきだと思っています。

子供の成長はあっという間です。4人の子供たちのその時々の成長を近くで見守っていたい。子供って本当に素直で可愛い。何よりもかけがえのない宝物です。

起業までの道のり

最後に、なぜ、こういう考え、生き方、仕事のスタイルに行きついたか、起業までの道のりを話します。

ほぼ2年おきに妊娠出産の30代。働きたいけれど、満足に外に働きにいくこともできない。

そんな状態の2007年「自分で何かしたい」との思いからお料理ブログを書き始めます。どこに住んでいるのか、誰だかわからない、でも同じ料理に興味を持つ方がとの交流がとても楽しかったのを覚えています。

ブログに広告を貼ること(グーグルアドセンス)も覚え、月7〜8万円くらいの収入が入るようになりました。ですが、パソコンと向き合う日々が虚しくなり、美術館でアルバイトを始めることにしました。

学生のころ、美術を学んでいたこともあり美術館の仕事も楽しく充実していたのですが、また「自分で何か始めたい」という思いにかられるようになりました。

その時30代後半。

ちょうどその頃リーマンショックで世界的な不況。そんな中、夫の会社も売り上げが激減します。

4人の子供たちを抱えてこのまま生活していけるのか、子供たちの教育費は用意できるのか経済的な不安がよぎるようになります。

image

夫のお給料に頼らず、私も収入を増やすことができれば生活の不安はなくなる。そんな思いから趣味のアロマテラピーを学び、いくつか資格取得しました。

都内で発信の仕方を学んだのもこのころです。ですが、頑張り過ぎがたたって「過労」でダウン・・・。ドクターストップがかかり3ヶ月間寝たきりの生活を送ることとなります。

精神的にもかなり落ち込み、今までの人生で一番辛く悲しい数ヶ月間でした。家族に何より心配をかけてしまったこと、寝る間も惜しんで働き続けたことを後悔する日々でした。

「家族を第一に考えよう」

この時固く心に決めたのでした。

過労になったことでたくさんのことを学びました。

私は、誰よりも有名になること、たくさん稼ぐこと、1番になることも、誰かに勝つことにも興味はありません。

ただ、『家族を大切にしたい。』

そう考えるようになりました。

今は情報社会だからこそ、人の影響を受けやすくなっています。だからほとんどの人が本当に自分が大切にしている価値観がわからなくなります。

でも、そんなのは自由じゃない。自分の人生を生きることが本来の幸せであると私は思っています。

お金や時間が自由になっても、結局は、誰かの価値観のまま、人生を支配されているのは不幸です。

家族を大切にするには、今を生きていきたい。

家族を大切にしていくには、お金も時間も環境も心の充実も、全てが必要です。この考え方が分かり合える人とかかわり、私は仕事をしています。

メディア掲載歴

・2016年10月TBSの情報バラエティー番組「ビビット!」

2016年10月、読売新聞全国版に専門家としての意見が採用されました。

<おまけ>

趣味はテニス。夫とはテニスがきっかけで結婚。大人になっての学びは本当に楽しい♬

3匹の猫も一緒に暮らしています♬

道ばたにいる猫ちゃんにもつい声をかけてしまうのが

私の悪いクセ(=^x^=)

↑シルク(オス)

↑レオ(オス)

↑ビット(オス)

<丁寧な暮らし方を心がけています>

丁寧に作られたおいしいものが好きでランチはよくお気に入りのお店に行きます。もう20年以上通い続けているお店も多くひとりの時間を満喫しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

SNSと提供中のサービス内容はこちら

その他の提供中のサービスについてはこちらからどうぞ。