Essential Business

Essential Business

「ビジネスを楽しみながら成長し、さらにに豊かな人生を歩みたい」そんな熱い想いを持つ起業女性のためのメンタリングプログラムです。

メンタリングとは?コーチングとどう違う?

メンタリングとは、人材を育成する手法の1つです。指導者と受け手がマンツーマンで信頼関係を結び、あらゆる課題に向き合いながら主体性を引き出すという方法です。

メンタリングは自主性やモチベーションを引き出すといった効果が期待できます。

では、メンタリングの意味や語源、コーチングとの違いについてお話ししていきます。

メンタリングとは?

メンタリングとは、人材育成や指導の方法の1つで、指導者と受け手がマンツーマンの関係を築き、対話や助言によって気づきを与えたり動機付けしたりする手法です。

メンタリングでは、指導者側を「メンター」、受け手を「メンティ」と呼びます。

メンターの語源

メンターという言葉は、紀元前8世紀末の古代ギリシャの詩人であるホメロスが著述したとされている叙事詩「オデュッセイア」が由来とする考えが有力のようです。

「オデュッセイア」では主人公オデュッセウスを助言して支える賢者が登場しますが、彼の名が「メントール」(Mentor)であったことが語源になっているとされています。

メンタリングとコーチングの違い

メンタリングと比較される言葉にコーチングがありますが、いくつかの点で異なります。

テーマ

1つ目はテーマの違いです。コーチングは、業務や特定の目標などのように領域を絞るのが普通ですが、メンタリングは社会人として、職業人としてといった広い領域を対象にします。

指導方法

2つ目は指導方法の違いです。コーチングでは特定の目的を達成するための技術的な支援を行うことが多いですが、メンタリングでは心理的なサポート、考え方の整理、ロールモデルの提示といった広い関わり方をします。

対象者

3つ目は対象者の違いです。コーチングは特定の業務やプロジェクトにおける目標達成を目指すことが多いので一定の経験者を対象にすることが普通ですが、メンタリングでは未経験者も対象にします。

メンタリングの目的

メンタリングの目的は、人材開発においてテクニカルな部分だけを支援するのではなく、心理面や思考面もサポートして主体的な人材を育成します。

プロフェッショナルを育成するには、技術だけでなくメンタル面も育む必要があります。例えば、起業家がノウハウだけを詰め込んだとしても、社会人としてのモラルや起業家として心構えなどが整っていなければ十分とは言えないでしょう。

まして、精神的に追い込まれていたり仕事での充実感が欠如していたりするのは問題と言えます。

メンタリングは、メンターと信頼関係を構築することによって、技術だけでなく心理面や考え方までも広く支える手法です。他の方法よりも、思考を整え、自主性を育むという効果が期待できます。

メンタリングのメリット

メンタリング導入を検討する際に知っておきたいのが導入のメリットです。ここでは3つを紹介します。

主体性の促進

メンタリングの大きなメリットとして、主体性を促せる可能性があります。

メンタリングは、一方的にノウハウやアドバイスを与えるティーチングとは異なり、むしろメンティが自発的に思考して自力で結論を導き出すためのサポートを行う点が特徴的です。

そのため、指導を受ける人(メンティ)は、答えを待つ受け身の状態ではなく、自ら考えようとする習慣が身に付く効果があります。

メンタリングが定着すれば、あなた自身が目標を設定し、それに向けて積極的に取り組むといった変化が期待できるでしょう。

心理的なケア

また、精神面のケアができる効果があります。

メンタリングは、技術的な知識やスキルだけをテーマとして指導するわけではなく、メンターが精神面についても踏み込んで課題解決をサポートする手法です。

そのため、仕事において何かの壁に当たっていないか、健康・心理面で何か問題を抱えていないかといった点についても発見しやすく、異常がありそうな時は早期にサポートができます。

メンティの準備

まず指導を受けるメンティ側がいくつか準備をしておく必要があります。特に重要なのは心構えと、相談内容の整理という2つのポイントです。

①メンティは自分が主役なのだという当事者意識を持ち、成長するための機会なのだと捉えることが求められます。これは自発的に相談したり、フィードバックに対して素直に耳を傾けたりといった行動にも影響する要素です。

②考えていることや疑問、不安を具体的に整理することが欠かせません。要点が絞られていれば、メンターとの時間を有意義に活用できるでしょう。

ひとりで悩んでいませんか?

  • 子育て&起業の両立に不安を感じている
  • 起業に向けて一歩踏み出す自信がない
  • 起業に対して漠然とした不安がある
  • 理想のビジネスと今のビジネスにギャップがある
  • 自分に自信が持てずつい考え込んでしまう
  • 頑張っているのに思うように結果が出ない
  • 仕事の質が上がらない

もしかしたら自分らしい働き方ができていないのかもしれません。

マネージメントの特徴

  1. インプット:あなたのフィードバック・アドバイスを参考に起業家としてのマインドセット&スキルセットをインストールします
  2. アウトプット:アウトプットし続けることで、自分の想いに気付くだけでなく『伝える力 (言語化力)』を身に付けることができます
  3. エンカレッジ力:メンティーご自身が前に進むことができるよう伴走することで、受講後も自走する力を身に付けることがとができます

エンカレッジ(encourage)とは「勇気づける」「励ます」という意味で、やる気を引き出し、サポート手法です。意欲や自信を失った人に対して、元気づけ、自信を持たせるためのコミュニケーショントレーニングを実施し、キャリアにつなげていきます。

だから起業やビジネスに悩む女性たちが「自分らしく」ステップアップできます!

自分らしく仕事をするために

今まで起業家としてたくさんのクライアントさん時間を過ごしてきました。

その中で気が付いたことはどんなにキャリアがあっても優秀な人でも、一歩踏み出す行動力が不足していたり、自信をなくしたり、自分を過小評価してしまうということです。

  • そしてこれらの事をただ一人で考えている方が多いのです。
  • 一人で考えているので、抜け出すのに時間がかかったり、仕事のパフォーマンスが落ちたり、プライベートな時間にまで支障をきたす方までいます。

そこでメンターを持つことで、その状況に至った経緯を整理し解決策を一緒に見つけ軌道修正することができるようになります。

メンタリングマネージメントでは、単に仕事のアドバイスをするのではなく日々仕事をする上での思考や行動パターンをお聞きし観察し、それらを修正していくことからスタートします。

制限や思い込みを取り除くことが「自分らしく働くこと」につながります。

プログラム

Step1.「自分らしさ」を知る

ワークを通して自分自身としっかり向き合い、自分を深く知リます(期間:3 〜4週間)

  • オリエンテーション
  • アウトプット中心のワーク
  • 自分らしさの発見(思い込み・思考パターン・価値観・資質・可能性)
  • キャリアの棚卸し

Step2.キャリアの「軸」を作る

人生のコンパス(=指針)となる理想を設定し働き方、生き方のぶれない自分軸を作ります。

  • 理想の自分を描く
  • スキル軸をもとにしたキャリアプランニング
  • アクションプランの策定

Step3.行動する

自分らしいキャリアに向けて行動を習慣化することで自走力を身に付けます。

  • 実現可能な目標の設定 
  • マイルストーンの作成

期間中いつでも何度でもワークを提出することができます。

プログラム中は、今抱えているお仕事のお悩みや課題に対しても、具体的なアクションをアドバイスします。

メッセージ

私のキャリアは凸凹だらけ。自信に満ちて仕事をしていた時よりも、実力不足を感じ落ち込むことの方が多かったかもしれません。自信喪失から歩みを止めたこともあります。

30代後半の頃、起業を考え始めてすぐのことです。初めてのことだらけ、発信してもお茶きをしてもなかなか売り上げに繋がらない。けれど心から親身になって相談に乗ってくれる人はどこにもいませんでした。どうして良いか分からず孤独を感じていました。

そんな時に相談に乗ってくれたのが、先輩経営者。地元の経営者の先輩達です。あの時自分の想いを伝える機会がなければ、会社を辞めていたかもしれません。

その後たくさんの部下や後輩のメンターとして彼らの成長に携わってきました。その経験からメンターの必要性を感じ、2017年にメンタリングプログラムをつくりました。

メンターというと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、仕事のこと意外も気軽に話せるお姉さん的存在でありたいと考えています。

一人でも多くの女性が自分の可能性を信じ、キャリアを切り拓くことで ”ありたい姿” を実現する、そのためのお手伝いができたら幸いです。

あなたには定期的にフィードバックやアドバイスをしてくれる上司がいますか?

キャリアの悩みを相談できる信頼するメンターがいますか?

もしいないという方は、これからひとりでキャリアを築いていく覚悟がありますか?

これらの質問にNoと答えた方は今こそメンターを持つタイミングです。